関節痛 薬 おすすめ

関節痛の薬でおすすめなのは?

関節痛の薬でおすすめの市販薬をお探しの方に、売れ筋で人気の医薬品を紹介してます。

 

 

関節の痛みをケアするために貼り薬やサプリメントなど、多くの選択肢がありますが、中でも効果が期待できるのは内服薬です。

 

とくに関節痛に効果・効能の認められた第3類医薬品なら安心して服用ができるので、お家の常備薬としても人気があります。

 

関節痛だけでなく、神経痛や肉体疲労、眼精疲労など幅広い用途があるのも売れている理由なんでしょう。

 

関節痛の薬にも様々な商品が販売されています。人気で売れ筋のおすすめ医薬品をランキングで紹介してみましたので、つらい痛みでお悩みの方に参考にしてもらえればうれしいです。

 

関節痛の薬おすすめランキング!

【関節痛の薬】おすすめ1位「トンデケア」の特徴

あき竹城さん、九重親方がイメージキャラクターでテレビCM絶賛放送中!
・「関節痛」や「神経痛」といった痛みにおすすめの第3類医薬品
・ひざ痛や腰痛、肩こりなどの他、手足のしびれ、眼精疲労などの症状にもおすすめ
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時のビタミンB1、B6、B12の補給に有効
・穏やかな効き目が特徴で安心して服用できる
・7つの有効成分が痛みの原因に働きかけ、つらい痛みを緩和
・定期2個セットなら「ヒザらくらくサポーター」がプレゼント!

価格 通常4,980円
評価 評価5
備考 初回限定3,675円(税抜、送料無料、初回のみで解約可)、93錠入(31日分)
【関節痛の薬】おすすめ1位「トンデケア」の総評

関節痛や神経痛に有効性が認められた第3類医薬品です。効き目が緩やかなので、安心して服用することができます。

7つの有効成分の働きで、関節痛や神経痛、手足のしびれなどを緩和します。

通常価格は4,980円ですが、公式サイトから購入すると初回は3,675円で購入することができます。

2回目以降も10%OFFで購入できますのでお得です。

商品の最低受け取り回数もないので、自由に始めて自由にストップすることができるのが嬉しいです。

【関節痛の薬】おすすめ2位「リョウシンJV錠」の特徴

肩・腰・膝の痛みに飲んで効く、手ごろな価格の医薬品!

・6つの有効成分配合でつらい関節痛・神経痛におすすめ
・1日たった1回の服用でOK
・初回限定価格がおすすめ!最初の1ヶ月は1日わずか61円
・関節痛、神経痛以外にも筋肉痛、眼精疲労を緩和
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時の栄養補給

価格 通常4,104円
評価 評価4
備考 初回限定1,900円(税抜、回数縛りなし)、93錠入(31日分)
【関節痛の薬】おすすめ2位「リョウシンJV錠」の総評

第3類医薬品に分類されているお薬で、関節痛や神経痛に優しい働きかけをします。

安全性が認められていて安心して服用できる薬でなので、長期間飲み続けることも可能です。

薬の体への影響が心配であったり、他の薬を試してみて、このリョウシンJV錠に切り替えたという方もいるようです。

価格は3,800円なのですが、公式サイトから購入すると初回限定で1,900円にて購入できます。

同じような成分の含まれる商品と比べても、手頃な価格の医薬品だといえますので、長く続ける場合でも経済的な負担が少なく済みます

【関節痛の薬】おすすめ3位「グルコンEX錠プラス」の特徴

累計販売本数400万本突破!様々な関節の痛みにおすすめ
・関節痛や神経痛に効果、効能が認められた第三類医薬品
・900mgのコンドロイチンを含有(国が定める製造承認基準の上限量で欧州でのエビデンス量もクリア)
・ひざの痛みや腰痛、五十肩、肩こりなど、関節痛でお悩みの方におすすめ
・関節痛以外にも神経痛、筋肉痛、手足のしびれ、また便秘や眼精疲労などの症状にも有効
・肉体疲労時や妊娠・授乳期、また病中病後の体力低下時にビタミンB1を補給
・商品の購入後も日本薬師堂の薬剤師から電話でアドバイスやサポートが受けられる

価格 通常7,178円
評価 評価3.5
備考 初回限定1,980円(税込、送料無料、初回のみの解約可)、186錠入(31日分)
【関節痛の薬】おすすめ3位「グルコンEX錠プラス」の総評

ひざや腰の痛みの他にも神経痛や筋肉痛、手足のしびれ、眼精疲労など幅広い症状に対応している第3類医薬品です。

ただ痛みを抑えるだけの薬とは違い、痛みを緩和しながら関節痛の原因から改善してくれるタイプですので、根本的な解決になります。

通常価格は7,178円となっていますが、公式サイトから定期便で申し込めばお得に利用することができます。

今なら初回限定で1,980円となっていますので、お試しとして購入するならとてもチャンス。解約しても大丈夫なので、継続の縛りがなく安心です。

関節痛の薬おすすめ1位は「トンデケア」

関節痛の薬といってもたくさんありますが、私が一番おすすめするのはくすりの健康日本堂から販売されている「トンデケア」です。

 

 

この薬は痛みを根本から改善してくれることが特徴で、痛みを抑制し、痛みの原因に直接作用してくれる7つの有効成分が配合されています。

 

関節痛の大きな原因の一つに血行不良があげられます。

 

そのため関節痛を緩和するには患部だけでなく全身の血行を良くすることが大事。

 

トンデケアには血液の循環を改善して痛みや痺れを緩和する成分がしっかり配合されています。

 

また年齢を重ねるごとに関節の間にある軟骨成分が徐々に減少していきます。

 

そして、関節が不安定になることで関節の痛みや神経痛が発生しやすくなってしまいます。

 

トンデケアには、筋肉や神経のエネルギーを産生する成分が配合されています。

 

関節周囲の筋肉や神経がしっかり働けるようになることで、関節も安定し痛みの緩和が期待できるのです。

 

他にもトンデケアは神経痛にも服用できます。

 

この薬には傷んだ神経に栄養を補給し、神経からくる痛みや痺れを緩和する効果が期待できます。

 

神経痛に効くため、さまざまな部位の痛みに有効な薬であると言えるでしょう。

 

ただの痛み止めや鎮痛剤ではなく、根本から痛みを改善したいという人には最適な薬ですね。

 

トンデケアが人気の理由には、第3類医薬品なので関節痛に有効でありながら、安心して服用できるという点でしょう。

 

品質管理も徹底されており、国内の工場で製造されているので安心して飲むことができるでしょう。

 

関節痛をしっかり治したいという場合、医薬品を利用することで症状に的確に対処することができます。

 

関節に良いとされるサプリメントなどもありますが、実は医学的に効果や効能がはっきり認められていない商品も多いのが現状です。

 

医薬品として品質や有効性、安全性が認められている商品なら、きちんと関節痛に効き目があるでしょう。

 

関節痛は年のせいだと半ばあきらめている人も多いですが、売れ筋の市販薬なら効果を実感している方も多いのではないでしょうか。

 

医薬品なので痛みの原因に直接働きかけてくれますし、効率よく痛みを緩和することができるでしょう。

 

配合成分の効果・効能と続けやすい価格、口コミでの評判、アフターサポートなど、トータルで考えるとトンデケアがダントツで一番です!

 

 

▲関節痛の薬おすすめランキングへ

関節痛におすすめなのは副作用の少ない第3類医薬品

関節が痛い時の手当てとして、すぎに思いつくのはシップ薬や塗り薬だと思います。でもシップ薬や塗り薬だと、すぐにかぶれてしまったり、べたついたりしてしまって、なかなか継続してケアすることが難しかったりしますよね。

 

 

だから関節痛には、ぜひ飲み薬をおすすめします。

 

身体の内側から神経や血流に作用し、薬によっては痛みの原因に直接アプローチしてくれるものもありますよ。

 

安心して薬を使いたいという場合、その選び方についても知っておくと良いでしょう。

 

品質や有効性・安全性が認められた医薬品を選ぶ

関節痛に効く薬といっても、様々な製品が販売されています。やみくもに服用しては効果がないばかりか、副作用で悩まされることにもなりかねません。効能・効果が承認されている医薬品を選ぶことで、きちんとした効果を実感できるでしょう。例えば関節の痛みに良いとされるコンドロイチンはもともと軟骨に含まれる成分です。細胞に水分や栄養を与える働きがあり、軟骨にクッション性や水分の保有性を高める作用があります。ところが、コンドロイチンは年をとるにつれて産生量が減少してしまいます。それにより関節痛が生じやすくなるため、薬によってしっかりカバーしていくことで、進行を防ぐことができます。また、ビタミンB1には筋肉の疲労を緩和する効果がありますし、関節の痛みを和らげるビタミンB12や血行を良くするビタミンEなども関節痛に効果的な成分です。こうした成分をしっかり補えて、品質や有効性・安全性がしっかり認められた医薬品を選ぶようにしましょう。

 

 

安全な第3類医薬品を選ぶ

内服薬は湿布などに比べ、身体の内側からの効能・効果が期待できます。しかし、あまりに薬効の強い薬は副作用の心配がありますよね。関節痛の薬の副作用としては、胃の痛みや食欲不振などがあります。強いお薬の場合、重篤な副作用のリスクも否めません。そうした心配を取り除くには、安全性が認められた第3類医薬品がおすすめです。第3類医薬品なら薬事法の厳格な基準に従って製造されているため、安心して服用することができるでしょう。関節痛の第3類医薬品なら新陳代謝を促して痛みを緩和する効果や血行を促進して痛みを取り除くなどの効果があります。また、軟骨成分を補給することで滑らかな動きをサポートしてくれたりもするでしょう。

 

購入は信頼できる公式サイトを選ぶ

関節痛の薬ですが、どこで購入したら良いのか迷うという人もいるでしょう。中には、できるだけ安く購入したいという人もいるかもしれません。しかし、一般の通販サイトなどで安く販売されている薬には、成分や効能がきちんと認められてないものもあるので注意しましょう。もちろん海外のサイトで偽物の薬が問題になっていますが、こうした薬では服用しても効果も得られないばかりか、重篤な副作用の心配もあります。きちんと正規品を手に入れるためにも、公式サイトで購入すると良いでしょう。公式サイトではお得な購入方法が用意されていることもあり、ドラッグストアなどよりお得に購入できたりしますよ。

 

▲関節痛の薬おすすめランキングへ

関節痛の時に使うお薬の種類

関節痛にの時に使用するお薬には、いろんなタイプの商品があります。

 

ここでは関節痛に効能・効果が認められている市販薬についてわかりやすく分類してみました。

 

内服薬

関節痛のための市販薬は、大きく分けて内服薬と外用薬の2種類があります。

 

そのうち内服薬にも多くの種類があるので、それぞれの成分や効能、正しい服用方法、注意点などを確認し、自分にあっているかを見極めることが重要です。

 

市販薬を飲んだからといって、すぐに効き目があらわれるわけではありません。

 

だからといって一度にたくさんの量を服用しても効力が倍増することはなく、むしろ用法を誤ると副作用のリスクが高まるので注意しましょう。

 

関節痛を発症して薬を服用する場合、ある程度の期間で服用を継続することが重要です。

 

軟骨成分を配合する市販薬

関節痛は軟骨に負担がかかることで摩耗が生じ、クッション性が低下して軟骨の機能を果たせなくなってしまうことが一因となります。

 

軟骨の成分にはコンドロイチンが有名ですが、軟骨のクッション性を高めるためにもコンドロイチンを含む市販薬を服用することも大きなポイントです。

 

コンドロイチンは関節のスムーズな動きをサポートしてくれますし、老化防止にも役立ちます。

 

また、コンドロイチンだけでなく、グルコサミンやヒアルロン酸も関節痛に効果的な成分といわれています。

 

関節痛を緩和するためには、こうした軟骨成分を含む薬を服用することも効果が期待できます。

 

血行を促す成分を配合すr薬

関節痛を緩和するには周囲の血行を促進したり、新陳代謝を高めてあげることも大切です。

 

ビタミンB群やビタミンEには血流を促進する作用があるので、関節痛の改善に効果が期待できます。

 

血流を促す成分が含まれている薬には、関節痛のみならず肩こり・腰痛や疲労回復の効果もあります。

 

できるだけこうしたビタミン類が配合されている市販薬を選ぶようにしましょう。

 

漢方薬

関節痛の症状には漢方薬も有効です。

 

とくに冷えやむくみを伴うような関節痛にはおすすめですね。

 

漢方薬にはさまざまな種類がありますので、中には飲み合わせが悪かったり、体質に合わなかったりするものもあります。

 

そのため専門家の話をきちんと聞いてから服用することをおすすめします。

 

外用薬

関節痛は内服薬だけでなく外用薬によって対処することもできます。

 

外用薬には消炎鎮痛成分や抗炎症成分を含む湿布薬や塗り薬などがあります。

 

それぞれの外用薬は薬の成分や肌の感触などもさまざまなので、症状や体質に合わないようなら他の市販薬に替えたみるといいですよ。

 

ここでは関節痛のための市販薬をいろいろ紹介しましたが、根本から緩和するならやっぱり内服薬がおすすめです。

 

▲関節痛の薬おすすめランキングへ